治療法




低体温の原因に甲状腺ホルモンの不足があります。

このような病気が影響して
低体温を引き起こしている可能性もありますから、
もし血圧や疲労感、むくみ・冷え性など
上記のような症状が気になっているのなら、
内科を受診して甲状腺の機能の検査を行いましょう。



生活習慣が「低体温」の原因である場合

病気の心配がなく、普段の生活の中での習慣が低体温を引き起こしているのなら、
以下に挙げることを改めていくようにしてください。


◆血行改善

ガードルなどのきつい下着は血行不良を引き起こし、冷え性の原因になります。

◆適度な運動

まったく運動をしない毎日は、様々な体調不良やストレスを溜め込んでしまいます。
ストレスは自律神経を左右します。
これが原因で低体温を引き起こしている可能性もありますから、
ウォーキングやジョギングなど自分に合った運動を習慣化しましょう。

◆入浴時には湯舟に浸かる

血行が良くなりますから、冷えが解消されて基礎代謝も上がります。

◆冷たいもの、甘いものは控える

糖分など精製された食べ物や生野菜、暑い時期の冷たいものなどは体を冷やします。

◆朝食を摂る

バランスの悪い食事は不健康しか実現しません。
朝食を抜くと体温が上がりづらくなってしまいます。

◆冷暖房は控えめに
冷暖房が効きすぎた部屋は自律神経のバランスを崩します。
低体温の原因になります。

低体温は生活習慣を改めると自然に改善されていきます。



Copyright(C) 2011 【低体温を改善!原因や症状を知ろう】 Allrights reserved.